水素水ランキング | 水素水の効果比較

濃度丸見え!水素水ランキング | 実測値で水素水の効果比較

水素水の効果は、飲む時の含有水素濃度で決まります!購入しないとわからない水素水濃度を実際に測ってランキング形式で紹介しています。

水素水の効果と摂取量について

読了までの目安時間:約 3分

 

水素水は身体の中で様々な働きをして健康にしていきます。

身体が健康になれば見た目にも表れていきますから結果的に美容にも繋がっていくでしょう。

その為世界のセレブやモデルなどの間でも水素水が流行しており、一般の女性もこぞって求めています。

具体的な効能としては活性酸素の除去と高い抗酸化作用です。

活性酸素が増えると肝臓の働きが悪くなって毒素の除去が上手く出来なくなります。

毒素が増えれば疲れが溜まったり、回復力が下がったりというように様々な不調が現れるので水素水の活性酸素除去の働きは非常に大切なポイントとなるでしょう。

さらに身体は加齢と共に酸化していくと言われていますが、抗酸化作用によってその酸化を防止していきます。

細胞が酸化せずにきれいな状態を保っていれば、身体の中の水分を吸収しやすくなったり栄養もしっかり受け止める事が出来るので肌の乾燥を防いだり代謝をよくする事にも繋がっていくでしょう。

このようにたくさんの働きを持った水素水ですが、ただの水ではなく、水素が浮遊している状態ですから、その摂取量に限界があるのではという疑問を持つ人もいるでしょう。

水素を多く摂取したからと言って身体に有害となる事はありません。

天然の成分であり、添加物や有害なものを取り入れているわけではないので、アレルギーや副作用を心配する事もありません。

しかし、どのような水であっても、冷たい水であれば摂取量を考える必要があります。

冷たいものは身体を冷やしてしまう可能性があります。

この問題についてはいくら水素水であっても冷えとは関係がないので補填する事が出来ません。

アルミパウチで少量ずつ包装されて販売しているものが多いので、それを毎日1包装ずつ飲むというのが適度な摂取量と言えるでしょう。

また水素水の成分をしっかり浸透させるには空腹時に飲む事をおすすめします。

どんなものでも成分を吸収させるには何もない状態の方が良いわけですが、これは水素にも同じ事が言えます。

水素水を肌にスプレーして美肌作りしよう

読了までの目安時間:約 3分

 

水素水は決して飲むだけのものではありません。

もちろん、口から直接飲んで体に取り入れることによって、健康や美容にも効果を発揮すると期待されています。

それらに加えて、水素風呂に入ることやペットに使用することなど、効果的な使い方がほかにもいくつかあるものです。

中でも、水素水をスプレーするという方法でも利用することができます。

水素には、保湿効果や美肌効果、また美白効果があると言われています。

たとえば、毛穴の黒ずみに悩む人の場合、その主な原因は、活性酸素によって作り出される過酸化脂質であると考えられています。

水素水には、その原因である活性酸素を除去する働きがあります。

そこで、気になる部分を重点的に、水素水をスプレーすることによって、美肌を作るよう働きかけることができるでしょう。

さらに、水素水スプレーが効果を発揮するのは肌だけではありません。

実は、頭皮や頭髪にも使うことができるのです。

一般に、紫外線にさらされること、水道水に含まれている塩素、または整髪料に含まれている化学物質などが原因となって、頭皮や頭髪にも活性酸素が発生すると言われています。

こうした活性酸素は、頭髪を作るのに大事な役割を担っている毛母細胞にダメージを与えてしまいます。

その結果として、キューティクルがダメージを受け、切れ毛や枝毛といったものを作り出してしまいます。

また、活性酸素が毛包にある色素幹細胞に発生すると、メラニンが生成されにくくなります。

結果として、白髪になってしまうというわけです。そこで、威力を発揮するのが水素水でしょう。

水素には有害な悪玉活性酸素のみを除去する働きがあるからです。

このような悪玉活性酸素は、頭皮や頭髪に発生するため、直接飲むだけではなく、頭皮や頭髪にスプレーすることによって、活性酸素から守ることができるでしょう。

基本的に言って、水素水スプレーには香りがついていないため、どんな方であっても手軽に利用することができるでしょう。

水素水は血流を促進することが期待できる

読了までの目安時間:約 3分

 

血流のことを考えると、日常の中で、水素水に限らずこまめに水分を摂取することは非常に重要なことです。

血液も液体ですから、水分が不足すれば当然、その粘度は増します。

そして粘度が増した血液は、どうしてもその流れとしては滞りがちになりますし、最悪の場合には血管内で詰まってしまうことも考えられます。

そしてここに、大量に発生した活性酸素のダメージが及ぶと、この傾向はより高くなります。

活性酸素とは酸素をエネルギーとして行われる代謝の過程などで発生する物質で、量が一定であれば体には良い作用をもたらします。

しかし量が多くなりすぎると、細胞に対して老化現象や疾患を引き起こすほどのダメージを与えます。

血流との関係で言えば、活性酸素には血液中の悪玉コレステロールなどを酸化させる作用があります。

ですから、血液中の活性酸素の量が多くなりすぎると悪玉コレステロールが酸化してしまい、それが塊となって血流が悪くなる、詰まってしまうことも考えられます。

また血管の柔軟性が失われてしまう動脈硬化が発生しやすくなってしまいます。

動脈硬化になると、少しの衝撃でも血管はダメージを受けやすくなるため、心筋梗塞や脳血管疾患などのリスクも高くなります。

そのため血流や血管の健康を保ちたいのであれば、適度な水分補給と共に活性酸素を除去することが必要です。

そこで登場するのが水素水です。水素水の中に含まれている水素には、他の物質と簡単に結びつく、そしてその物質を中和、還元すると言う特性があります。

よって日常の水分補給に水素水を利用すれば、水素が体内の活性酸素と結びついて、その除去が期待できるとされています。

ちなみに水素と結びついた活性酸素は無害な水となり、体外へと排出されるとされています。

ですから、同じ水分補給でも水素水を利用すれば、より高い健康効果を期待できると言うわけです。

ただしいくら水素水だからと言っても、むやみやたらに飲めばよいと言うものではありません。

血管や血流に負担をかけないためにも、1日の中で少しずつの量をこまめに飲むことが重要です。