水素水の種類や製造法について知ろう!

濃度丸見え!水素水ランキング | 実測値で水素水の効果比較

水素水の効果は、飲む時の含有水素濃度で決まります!購入しないとわからない水素水濃度を実際に測ってランキング形式で紹介しています。

水素水の種類や製造法について知ろう!

読了までの目安時間:約 3分

 

水素水とは水の中に含まれる水素原子を何らかの方法で分離させて、水素を多く含む水にしたものを水素水と呼んでいます。

一般的には水素ガスを水道水に吹き込んで人工的に水素原子を増やす方法と、電極の間に水道水を通して電気分解して水素原子を分離・凝集させる方法があります。

他にもマグネシウムを触媒として利用する方法などいくつか水素水の種類はありますが、コストなどの面から主流にはなっていません。

よく混同されますが還元水とは電気分解して作り出す水素水のことで、他の方法を使って作る水素水とは違う存在です。

電極の間にキレイな水を通すと、陰極側には水素原子が、陽極側には酸素原子が凝集します。

気泡の状態で集まった水素原子は大きな塊となり、水道水に溶け出して高濃度の水素水ができます。

水素水の能力はこの溶け出した水素の量によって決まり、「活性水素」として体内に取り込まれます。

この活性水素は老化現象を起こす活性酸素を還元する力があるため、健康に良いとされているのです。

ちなみに水素水の種類の中では電気分解式が安定度が高く、ガス式は水素を注入しても元の状態に戻りやすい特徴があります。

すぐに飲めば関係ないことですが、持ち歩きなどを想定するならば電気分解式の方が優れています。

家庭で手軽に摂取できる水素水の種類には、水道水の蛇口に専用の器具を取り付ける、パックで小分けにされた水素水を購入する、ガロン容器で業者からサーバーごと購入したりレンタルするなど、購入できるにも色々な水素水の種類があります。

コスト面では初期投資はかかりますが、水道水に器具を付ける方が安く水素水を摂取することはできます。

パック式だと欲しいときに1つ2つを摂取するのには便利ですが、毎日となると高くつきます。

業者からガロン容器に入った水素水をレンタルや購入した場合も、月々の払いで済みますがランニングコストは高くなります。

健康に良い水素水を摂取するには、水素水の種類と原理の違いを理解し、自分の目的に合った商品を選ぶことが重要です。

 

この記事に関連する記事一覧