水素水は血流を促進することが期待できる

濃度丸見え!水素水ランキング | 実測値で水素水の効果比較

水素水の効果は、飲む時の含有水素濃度で決まります!購入しないとわからない水素水濃度を実際に測ってランキング形式で紹介しています。

水素水は血流を促進することが期待できる

読了までの目安時間:約 3分

 

血流のことを考えると、日常の中で、水素水に限らずこまめに水分を摂取することは非常に重要なことです。

血液も液体ですから、水分が不足すれば当然、その粘度は増します。

そして粘度が増した血液は、どうしてもその流れとしては滞りがちになりますし、最悪の場合には血管内で詰まってしまうことも考えられます。

そしてここに、大量に発生した活性酸素のダメージが及ぶと、この傾向はより高くなります。

活性酸素とは酸素をエネルギーとして行われる代謝の過程などで発生する物質で、量が一定であれば体には良い作用をもたらします。

しかし量が多くなりすぎると、細胞に対して老化現象や疾患を引き起こすほどのダメージを与えます。

血流との関係で言えば、活性酸素には血液中の悪玉コレステロールなどを酸化させる作用があります。

ですから、血液中の活性酸素の量が多くなりすぎると悪玉コレステロールが酸化してしまい、それが塊となって血流が悪くなる、詰まってしまうことも考えられます。

また血管の柔軟性が失われてしまう動脈硬化が発生しやすくなってしまいます。

動脈硬化になると、少しの衝撃でも血管はダメージを受けやすくなるため、心筋梗塞や脳血管疾患などのリスクも高くなります。

そのため血流や血管の健康を保ちたいのであれば、適度な水分補給と共に活性酸素を除去することが必要です。

そこで登場するのが水素水です。水素水の中に含まれている水素には、他の物質と簡単に結びつく、そしてその物質を中和、還元すると言う特性があります。

よって日常の水分補給に水素水を利用すれば、水素が体内の活性酸素と結びついて、その除去が期待できるとされています。

ちなみに水素と結びついた活性酸素は無害な水となり、体外へと排出されるとされています。

ですから、同じ水分補給でも水素水を利用すれば、より高い健康効果を期待できると言うわけです。

ただしいくら水素水だからと言っても、むやみやたらに飲めばよいと言うものではありません。

血管や血流に負担をかけないためにも、1日の中で少しずつの量をこまめに飲むことが重要です。

 

この記事に関連する記事一覧