水素水ランキング | 水素水の効果比較

濃度丸見え!水素水ランキング | 実測値で水素水の効果比較

水素水の効果は、飲む時の含有水素濃度で決まります!購入しないとわからない水素水濃度を実際に測ってランキング形式で紹介しています。

水素水の注意点とは~濃度や容器に注意が必要

水素水が一般的な水と異なっているのは、水素が高濃度で含まれていると言う点です。

水素は、非常に他の物質と結びつきやすいと言う性質を持っています。

そして結びついた物質を中和、還元してしまう、つまりその物質の特性を除去してしまいます。

そのため水素水を飲むことは、体の中で良くない働きをすることもある活性酸素を除去する効果が期待できるとして、注目を集めています。

生活の中でこまめに水分を摂取することは、健康や美容に対して良いことだとされています。

ですから水素水を飲むこともそれに該当するわけですが、そこに活性酸素の除去と言う効果を期待するのであれば、注意点もいくつかあります。

水素水であれば何でも良いと言うわけではない、と言うことです。

まずひとつめの注意点としては、水素水に含まれている水素濃度です。

これはやはり、濃度が高ければ高いほど良いとされています。

また水素は、その特性上、非常に空気中に飛散しやすい物質です。

そのため、容器に詰められた直後と、しばらくしてからの濃度では差が出ることもあります。

ですから少しでも高い濃度のものを選んでおいた方が、飲む時に体内に摂取できる水素の濃度も濃く保つことができます。

それから濃度と言う点に関して言えば、水素水が詰められている容器も注意点のひとつです。

持ち運びに便利なペットボトルの場合、その材質上、どうしても水素が抜けやすいと言うデメリットがあります。

そのためいちばん望ましいのはアルミパウチの容器だと言われています。

同様にアルミボトルも良いとされています。

ただしどのような容器であっても、開封した瞬間から、どんなにしっかりと蓋を閉めても、水素はどんどんと抜けていっています。

早く飲むに越したことはなく、商品によっては2~3時間程度が限度であるとも言われていますから、1度で、またはその時間内で無理なく飲み終えることができるような量のものを選ぶのも大切です。

ただしいくら水素水と言っても、一度にたくさんの量を飲むのはおすすめできません。

無理のない量を、1日の中でこまめに飲むことも注意点です。